高松機械工業が売上高過去最高 国内自動車向け好調 – 中日新聞

Home » 05産業 » 高松機械工業が売上高過去最高 国内自動車向け好調 – 中日新聞
05産業, 機械受注 コメントはまだありません



写真

 工作機械メーカーの高松機械工業(石川県白山市)の連結は、国内の自動車業界向けが好調で、売上高、営業利益、純利益のいずれも二年連続で増えた。売上高は過去最高を更新した。

 事業別売上高は、工作機械事業が前年同期比21・5%増の九十四億七千四百万円。このうち、内需は9・1%増の六十億八千九百万円、外需はアジアや北米向けが伸びて52・8%増の三十三億八千四百万円だった。IT関連製造装置事業は30・4%増の六億六千六百万円。自動車部品加工事業は4・4%増の三億九千万円だった一方、千七百万円の営業赤字となった。

 工作機械は業界全体で国内外ともに堅調で、高松宗一郎社長は「顧客の設備投資意欲は非常に強い。受注残高はかなり多く、企業の設備投資は今後もまだまだ続くだろう」と話した。

 通期も増収増益を見込む。年間配当は前期から二円多く、過去最高の二十二円を予定する。九月の創業七十周年を記念して、百株以上保有する株主に千円分のクオカードを来年三月末に贈る。 (嶋村光希子)

この記事を印刷する





コメントを残す