品川リフラクトがS高、販売数量増加で通期業績予想を増額修正 – 会社四季報オンライン

Home » 05産業 » 品川リフラクトがS高、販売数量増加で通期業績予想を増額修正 – 会社四季報オンライン
05産業, 粗鋼生産高 コメントはまだありません



 鉄鋼業向け耐火物の総合大手の品川リフラクトリーズ(5351)が続騰した。午後0時34分現在、制限値幅上限となる前日比700円(16.7%)ストップ高の4885円高で推移し、東証1部の値上がり率ランキングで2位となっている。8日引け後に2019年3月期の連結業績予想を増額修正し好感された。

 営業利益は従来予想の85億円から100億円(前期比65.3%増)に、純利益も55億円から60億円(同75.5%増)に上積みした。同時発表の上期(18年4~9月)決算も上振れ着地した。営業利益は従来計画42億円に対し52億0800万円(前年同期比73.0%増)、純利益も同31億円に対し37億0300万円(同2.3倍)となった。堅調な粗鋼生産と拡販による耐火物の販売数量が増加し、原料価格の上昇を販売価格に転嫁したことも寄与した。





コメントを残す