中国・香港株式市場・前場=上海総合指数が小幅下落、香港は上昇 – ロイター

Home » 05産業 » 中国・香港株式市場・前場=上海総合指数が小幅下落、香港は上昇 – ロイター
05産業, 鉱工業指数 コメントはまだありません



 [上海 14日 ロイター] - 中国 前場終値 前日比 % 始値 上海総合指数<.SSE 2,683.03 - 3.5473 - 0.13 2,688.77 C> 11 87 前営業日終値 2,686.57 84 CSI300指数< 3,237.52 + 0.955 + 0.03 3,242.83 .CSI300> 1 1 前営業日終値 3,236.56 6 香港 前場終値 前日比 % 始値 ハンセン指数<.HSI 27,232.5 + 218.05 + 0.81 27,229.7 > 4 9 前営業日終値 27,014.4 9 ハンセン中国株指 10,556.3 + 53.33 + 0.51 10,578.3 数 4 4 前営業日終値 10,503.0 1 前場の中国株式市場は、プラス圏とマイナス圏を行き来する展開となった。米中通商
協議の先行きが依然不透明となるなか、この日発表された中国の各種経済指標の内容を見
極めようとする動きがみられた。 上海総合指数 前場終値は3.5473ポイント(0.13%)安の2683
.0311。一時0.2%上昇する場面もあった。 上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数 前場終値は0.955ポイント(0.03%)高の3237.521。 金融株は0.24%高、生活必需品株も0.63%高。不動産株は0.
16%、ヘルスケア株は0.82%、それぞれ下げた。 この日発表された8月の鉱工業生産と小売売上高はいずれも市場予想を上回った。一
方、1─8月の固定資産投資は前年同期比5.3%増と、伸び率が過去最低だった1─7
月から一段と鈍化し、エコノミスト予想も下回った。 中国の王毅国務委員兼外相は13日、現行の貿易制度は完璧ではなく、より公平で効
果的な制度にするため、改革が必要だとの考えを示した。 中国国営英字紙チャイナ・デーリーは14日の社説で、いかなる通商協議においても
中国が米国の要求に屈することはないと表明した。 香港株式市場は小幅上昇して前引けた。 ハンセン指数 前場終値は218.05ポイント(0.81%)高の27232
.54。 ハンセン中国企業株指数(H株指数)前場終値は53.33ポイント(0.
51%)高の10556.34。 中国海洋石油有限公司(CNOOC)は1.09%安。 同社は、台風に接近に伴い、南シナ海の石油・ガス生産設備から従業員を避難させ、
設備を閉鎖させたと明らかにした。 (ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります) 





コメントを残す