静岡県内倒産、4月は11件減の12件 負債額は68%減 – 日本経済新聞

Home » 05産業 » 静岡県内倒産、4月は11件減の12件 負債額は68%減 – 日本経済新聞
05産業, 企業倒産件数 コメントはまだありません



 東京商工リサーチ静岡支店がまとめた静岡県内企業の4月の倒産件数(負債額1000万円以上)は、前年同月比11件減の12件だった。負債額は68%減の21億1300万円だった。景気回復を背景に、件数と負債額はともに低水準で推移している。

 業種別にみると、建設業が横ばいの4件、製造業が3件減の4件だった。卸売業が2件、サービス業他が2件と続いた。地域別では西部が7件、中部が3件、東部が2件だった。

 従業員数別では5人未満が8件と最も多かった。

 原因別でみると、販売不振が8件だった。負債額10億円以上の大型倒産はなかった。

 同支店は原材料費や人件費の上昇が続く中で「企業体力が脆弱な企業を中心に小口の倒産は続く」とみている。





コメントを残す