【株式市場】好業績株が強く日経平均は半導体関連株の上げも手伝い反発 – 財経新聞

Home » 05産業 » 【株式市場】好業績株が強く日経平均は半導体関連株の上げも手伝い反発 – 財経新聞
05産業, 稼働率指数 コメントはまだありません



◆日経平均の終値は2万2319円61銭(104円29銭高)、TOPIXは1772.13ポイント(4.40ポイント高)、出来高概算(東証1部)は15億2037万株

 26日後場の東京株式市場は、日本航空電子工業<6807>(東1)が25日発表の今期業績見通しなどが注目されて一段ジリ高になるなど、電子機器・半導体関連の好業績株が強く、日経平均は上げ幅100円前後(2万2315円前後)を中心に強もみ合いを継続。前日比で反発した。東証2部指数、日経JASDAQ平均も高く、東証マザーズ指数は前引け軟調だったが小高くなった。

 後場は、すでに決算発表を終えた銘柄の中から好業績を再評価する動きがあるとされ、ニトリホールディングス<9843>(東1)や良品計画<7453>(東1)などが一段ジリ高になり、ダイベア<6478>(東2)は14時30分過ぎの決算発表を境に急動意。農業総合研究所<3541>(東マ)は郵便局との提携戦略や証券会社による投資判断が好感されて高い。フォーサイド<2330>(JQS)は仮想通貨マイニング(採掘)事業の稼働開始時期を5月11日と発表したことなどが材料視されて出直り再燃。

 東証1部の出来高概算は15億2037万株(前引けは7億3391万株)。売買代金は2兆7856億円(同1兆2604億円)。1部上場2083銘柄のうち、値上がり銘柄数は1243(同1188)銘柄、値下がり銘柄数は765(同775)銘柄。

 また、東証33業種別指数は20業種(前引けも20業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、電気機器、食料品、倉庫・運輸、金属製品、精密機器、電力・ガス、水産・農林、保険、建設、機械、などとなった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】

【業績でみる株価】テモナは安値圏モミ合いから上放れ、18年9月期1Q大幅増益で高進捗、3月31日基準日で株式2分割(2018/02/14)

【注目銘柄】パーソルホールディングスは地合い悪化の影響が一巡して上値試す、18年3月期増収増益・増配予想(2018/02/19)

【相場展望】「木を見て森を見ない」個別株物色を徹底して波乱相場を乗り切り桜満開の春相場へアプローチ(2018/02/15)

【業績でみる株価】MS&Consultingは売られ過ぎ感、18年3月期3Q累計減益だが通期増収増益予想(2018/02/15)





コメントを残す