鉱工業生産、基調判断4カ月ぶり上方修正 道内12月 :日本経済新聞 – 日本経済新聞

Home » 05産業 » 鉱工業生産、基調判断4カ月ぶり上方修正 道内12月 :日本経済新聞 – 日本経済新聞
05産業, 鉱工業指数 コメントはまだありません



 北海道経済産業局が14日発表した2017年12月の道内鉱工業生産指数(速報、10年=100、季節調整値)は、前の月を2.1%上回る99.0となった。上昇は2カ月ぶり。海外向けの農機や国内向けの食品加工機械などの生産が大きく伸びた。同局は基調判断を「持ち直しの動きがみられる」と、「一進一退」から4カ月ぶりに上方修正した。

 農業用収穫機械のアジアへの輸出が増えたほか、国内向けの生産も好調だった。この結果、一般機械工業の指数は前の月を42.1%上回る135.3となった。アジア向けの自動車用エンジンの生産も上向いた。半導体の需要が伸び、その材料であるシリコンウエハーの生産も増えた。

 一方、不漁の影響により缶詰用の缶の生産は落ち込んだ。生産設備の更新工事で鉄鋼製品の生産も減った。





コメントを残す