中国テンセント:16年10-12月利益、予想下回る-コスト増と競争激化 – ブルームバーグ

Home » 05産業 » 中国テンセント:16年10-12月利益、予想下回る-コスト増と競争激化 – ブルームバーグ
05産業, 広告扱い高 コメントはまだありません



中国のインターネット企業テンセント・ホールディングス(騰訊)の昨年10-12月(第4四半期)利益は、市場予想に届かなかった。コスト急増に加え、携帯端末向けゲーム市場での競争激化が重しとなった。

  同社が22日発表した純利益は前年同期比47%増の105億元(約1700億円)。ブルームバーグがまとめたアナリスト調査の平均値では、110億元と見込まれていた。

  オンラインゲームやメッセージを含む付加価値サービス部門の売上高は27%増の292億元。オンライン広告収入は45%増の83億元となった。2016年の通期純利益は411億元。予想は415億元だった。

  パソコン向けゲームよりも利益率が低く寿命の短いモバイルゲームへとユーザーが移行する中で、テンセントはネットイーズ(網易)などと競合。国内市場が飽和状態にあることから、テンセントはより多くのヒット商品を生み出すことで新たな成長源を見いだす必要に迫られている。同社の簡易メッセージアプリ「微信」は国外での拡大で苦戦している。

原題:Tencent Profit Misses Estimates Amid Surging Operating Costs (1)(抜粋)CORRECT: Tencent 4Q Net Income Misses Est. (抜粋)



最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE



コメントを残す