UPDATE 1-アジア通貨動向(12日)=大半が堅調、米インフレ巡る不透明感がドル圧迫 – ロイター

Home » 05産業 » UPDATE 1-アジア通貨動向(12日)=大半が堅調、米インフレ巡る不透明感がドル圧迫 – ロイター
05産業, 鉱工業指数 コメントはまだありません
 (内容を更新しました) [12日 ロイター] - アジア通貨は大半が堅調。米インフレ見通しを巡る不透明
感がドルを圧迫している。 米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨で多くの当局者が低インフレが一時的
なものではない可能性に懸念を表明していることが分かり、ドル指数が2週間ぶり
の安値を付けた。 バークレイズのアジアマクロ戦略部門責任者、Mitul Kotecha氏は「リスク志向が上
向いているほか、全般的なドル安がアジア通貨をある程度支援している」と述べた。 韓国ウォンは韓国株への資金流入に支えられている。 マレーシアリンギが小幅高。8月のマレーシア鉱工業生産指数は上昇率が20
15年3月以来の高水準となった。 シンガポールドル、台湾ドル、タイバーツは9月26日以来
の高値水準に上昇。 半面、フィリピンペソは軟調。最近の6営業日のうち、下落は5営業日目
となっている。 0459GMT(日本時間午後1時59分)現在のアジア新興国通貨の対米ドル相場
は以下の通り。 *Previous dayは各通貨のオンショア市場引け値。ただし円とシンガポールドルは前
日NY市場引け値。 Change on the day at 0459 GMT Currency Latest bid Previous day Pct Move Japan yen 112.340 112.48 +0.12 Sing dlr 1.353 1.3541 +0.08 Taiwan dlr 30.220 30.232 +0.04 Korean won 1134.000 1135.2 +0.11 Baht 33.100 33.21 +0.33 Peso 51.380 51.35 -0.06 Rupiah 13499.000 13515 +0.12 Rupee 65.140 65.14 +0.00 Ringgit 4.214 4.22 +0.14 Yuan 6.590 6.5882 -0.03 Change so far in 2017 Currency Latest bid End 2016 Pct Move Japan yen 112.340 117.07 +4.21 Sing dlr 1.353 1.4490 +7.10 Taiwan dlr 30.220 32.279 +6.81 Korean won 1134.000 1207.70 +6.50 Baht 33.100 35.80 +8.16 Peso 51.380 49.72 -3.23 Rupiah 13499.000 13470 -0.21 Rupee 65.140 67.92 +4.27 Ringgit 4.214 4.4845 +6.42 Yuan 6.590 6.9467 +5.41 (覧ください)

コメントを残す