無料のコミュニティ・カフェ「kaiki」と「健康屋台」を同時オープンします … – 時事通信

Home » 05産業 » 無料のコミュニティ・カフェ「kaiki」と「健康屋台」を同時オープンします … – 時事通信
05産業, 第3次産業活動指数 コメントはまだありません

[国立大学法人千葉大学]

8月10日(木)、11日(金・祝)の2日間、12時半~16時半まで、千葉市民ギャラリー・いなげにある旧神谷伝兵衛稲毛別荘前にて、千葉アートネットワーク・プロジェクト(WiCAN)のチームが、無料のコミュニティ・カフェ「kaiki」と「健康屋台」を同時オープンします。
「kaiki」は2011年から毎年8月に開催しており、近隣にお住まいの方や、展覧会を見に訪れた方から好評をいただいています。

コミュニティ・カフェ「kaiki」とは?

 かつては海が広がり、多くの観光客や小説家を魅了した街・稲毛。そんな稲毛の歴史や文化に思いを馳せる場、交流の場として、カフェkaikiはスタートしました。「kaiki」という名前は、かつてこの地にあったリゾートホテル、「海気館」から取られています。
 例年、学生たちが稲毛の街や歴史についてリサーチをしながら、様々な企画やカフェメニューを検討しています。今年は、大正7年に建設された旧神谷伝兵衛稲毛別荘が99周年ということで、「大正」をテーマにした空間作りを行います。手作りシロップを使ったかき氷、水出しのアイスコーヒーなど、カフェメニューは全て無料。どなたでもお越しいただけます。

「健康屋台」も同時オープン!

 昨年度からは、千葉大学サテライトキャンパス美浜などで定期的にイベントを開催している、千葉大学の「健康屋台」のチームも参加。今年は11日(金・祝)に健康屋台を開催し、血圧、動脈硬化指数、血中酸素度などの健康チェックを無料で行うほか、保健師への健康相談もできます。
 なおWiCANのチーム、健康屋台の両チームは、「千葉の親子三代夏祭り」に合わせて8月20日(日)に千葉市美術館にて行われる、「美術館で縁日気分!!」にも共同で参加。同じくカフェと健康相談の縁日ブースの出店を予定しています。
http://www.ccma-net.jp/event_03.html

WiCANとは

 千葉アートネットワーク・プロジェクト(WiCAN)は、千葉大学教育学部芸術学研究室と千葉大学の学部横断型授業「文化をつくる」「アート・コミュニケーション」の受講生、千葉市美術館、学校、アーティスト、まちづくりNPOなどが核となったネットワーク組織(代表:教育学部准教授・神野真吾)。2003年に発足したこのプロジェクトは、大学の授業であると同時に、千葉市美術館のアウトリーチプログラムでもある。
 必ずしもアートを専門としないメンバーたちが、アートの視点を学び、また市民の方々と協力しながら、アートの意味を社会に問い、発信していくことに取り組んでいる。
http://www.wican.org/

健康屋台とは

 2015年より、千葉大学総合安全衛生管理機構、フロンティア医工学センター、看護学部、教育学部、コミュニティ・イノベーションオフィスの教員・学生らと、国立研究開発法人産業技術総合研究所が連携して展開している、地域の健康増進を目的とした活動。これまでに,千葉大学サテライトキャンパス美浜や、高洲第一団地の集会所などで定期的に健康チェック・健康相談イベントを開催している。また今年からは、リードアーツ合同会社、大日本印刷株式会社、株式会社千葉薬品といった大学外の企業等と産・官・学の連携をすることで、健康相談の内容をより充実させるとともに、簡易な健康データの取得機器の開発や健康データを活用した未来型の研究開発も加速させている。
http://www.chiba-u.ac.jp/others/topics/info/post_221.html

■問い合わせ先:
千葉市民ギャラリー・いなげ
Tel:043-248-8723
http://business4.plala.or.jp/g-inage/

企業プレスリリース詳細へ (2017/08/04-17:48)

コメントを残す