男児放置死、殺意認めず懲役12年に減刑 控訴審判決 – 日本経済新聞

Home » 05産業 » 男児放置死、殺意認めず懲役12年に減刑 控訴審判決 – 日本経済新聞
05産業, 日経産業天気インデックス コメントはまだありません



 神奈川県厚木市で自宅に閉じ込められた男児(当時5)が死亡した事件で、殺人罪などに問われた父親、斎藤幸裕被告(38)の控訴審判決が13日、東京高裁であった。秋葉康弘裁判長は、懲役19年とした一審・横浜地裁の裁判員裁判の判決を破棄し、懲役12年を言い渡した。「殺意を認めた一審判決は誤り」として保護責任者遺棄致死罪にとどまると判断した。

 判決理由で秋葉裁判長は、「(死亡1カ月前の)男児は自分で動けない状態だった」とした斎藤被告の供述内容について、検察官の誘導があり信用できないと指摘。「適切な診療を受けなければ死亡する可能性が高いと被告が認識していたとは言えない」と述べた。

 控訴審判決によると、斎藤被告は2006年ごろから長男の理玖ちゃんに不十分な食事しか与えなくなり、理玖ちゃんは07年1月中旬ごろに死亡した。死亡後には勤務先から家族手当計41万円をだまし取っていた。

 理玖ちゃんは7年後の14年5月に白骨化した遺体で見つかり、行政が子供の所在を把握できない問題が注目されるきっかけになった。

 一審判決は「被告は死亡の可能性を認識していた」と判断し、殺人罪の成立を認めた。弁護側は控訴審で殺意を否認していた。





コメントを残す