茨城県鉱工業指数-平成28年4月分- – 茨城県

Home » 05産業 » 茨城県鉱工業指数-平成28年4月分- – 茨城県
05産業, 鉱工業指数 コメントはまだありません



更新日:2016年6月23日

 平成28年6月23日掲載

≪在庫指数,現行基準で過去最高値≫

今月の動き

平成28年4月の鉱工業指数(季調済)は,生産:103.4,出荷:106.0,在庫:129.2となった。

  • 生産は,前月比0.4%低下し,2か月ぶりの低下となった。
  • 出荷は,前月比0.9%上昇し,2か月ぶりの上昇となった。
  • 在庫は,前月比1.5%上昇し,3か月連続の上昇となった。

ここがポイント

  • 平成22年基準の対象期間である平成20年1月以降,在庫指数が前月に続いて最高値を更新した。
  • 業種別在庫指数では次の業種が同期間中で最高値となった。
    • 生産用機械工業(253.9),化学工業(149.7),プラスチック工業(128.1)
  • 生産での食料品・たばこ工業は平成26年8月(135.8)以来の高い値(130.1)となった一
    方,在庫(107.3)の動きはほぼ安定している(おおむね95~110)。
  • なお,4月に発生した熊本地震の本県への影響は,鉱工業指数上は特に見られなかった。

1.概況

本県と全国の概要

  生産 出荷 在庫
本県

季節調整済指数

103.4

106.0

129.2

前月比(季節調整済)%

-0.4

0.9

1.5

原指数

101.0

101.7

124.7

前年同月比(原指数)%

-10.9

-5.3

5.1

全国

季節調整済指数

97.2

96.0

113.4

前月比(季節調整済)%

0.5

1.6

-1.7

原指数

92.8

89.7

107.5

前年同月比(原指数)%

-3.3

-3.4

0.1

  • 平成22年(2010年)=100

1.1.生産

生産の前月比は,-0.4%となり,2か月ぶりの低下となり,季節調整済指数は103.4となった。また,前年同月比(原指数)は-10.9%であった。
業種別にみると,鉄鋼業,プラスチック製品工業等が上昇し,はん用・生産用・業務用機械工業,電気機械工業等が低下した。
財別にみると,鉱工業用生産財,非耐久消費財等が上昇し,資本財,その他用生産財等が低下した。

1.2.出荷

出荷の前月比は,+0.9%となり,2か月ぶりの上昇となり,季節調整済指数は106.0となった。また,前年同月比(原指数)は-5.3%であった。
業種別にみると,化学工業,食料品・たばこ工業等が上昇し,電気機械工業,情報通信機械工業等が低下した。
財別にみると,非耐久消費財,建設財等が上昇し,耐久消費財,その他生産財が低下した。

1.3.在庫

在庫の前月比は,+1.5%となり,3か月連続の上昇となり,季節調整済指数は129.2となった。また,前年同月比(原指数)は+5.1%であった。
業種別にみると,鉄鋼業,非鉄金属工業等が上昇し,窯業・土石製品工業,石油・石炭製品工業等が低下した。
財別にみると,鉱工業用生産財,資本財が上昇し,非耐久消費財,建設財等が低下した。

鉱工業生産指数・在庫指数の推移(茨城県)

鉱工業生産指数・在庫指数の推移(茨城県)のグラフ

鉱工業生産指数・在庫指数の推移(全国)

鉱工業生産指数・在庫指数の推移(全国)のグラフ

2.業種別動向(寄与度順に表示)

2.1.生産

生産の動向
業種名 寄与度
(%ホ゜イント)
前月比(%) 前年同月比(%) 上昇または低下した主な品目等
上昇 鉄鋼業

0.5

13.7

1.1

鋼帯,普通鋼冷延広幅帯鋼,H形鋼
プラスチック製品工業

0.4

7.2

5.5

プラスチック製シート,発泡プラスチック製品
非鉄金属工業

0.4

8.0

-2.8

巻線,電気銀,電気銅
金属製品工業

0.2

4.1

-2.3

ビル用アルミニウムサッシ,木造住宅用アルミニウムサッシ
低下 はん用・生産用・業務用機械工業

-2.3

-8.3

-33.1

圧縮機,ポンプ,蒸気タービン部品,ガスタービン
電気機械工業

-0.6

-9.0

-18.5

開閉制御装置,非標準変圧器,ステッピングモータ
化学工業

-0.6

-3.9

2.6

ふっ素樹脂
窯業・土石製品工業

-0.4

-12.6

-18.6

ガラス短繊維製品,気泡コンクリート製品

2.2.出荷

出荷の動向
業種名 寄与度
(%ホ゜イント)
前月比(%) 前年同月比(%) 上昇または低下した主な品目等
上昇 化学工業

1.0

6.7

3.3

医薬品,エチレングリコール,ビスフェノールA
食料品・たばこ工業

0.9

4.8

11.0

清涼飲料
非鉄金属工業

0.3

5.2

-4.3

電力用電線・ケーブル
はん用・生産用・業務用機械工業

0.2

0.9

-20.8

ショベル系掘削機械,分析機器,印刷機械
鉄鋼業

0.1

0.9

-7.4

鋼帯,普通鋼冷延広幅帯鋼,鋼板
窯業・土石製品工業

0.1

1.7

-6.7

遠心力鉄筋コンクリートパイル,道路用コンクリート製品
低下 電気機械工業

-0.8

-12.6

-17.3

開閉制御装置,非標準変圧器,電気洗濯機,電子レンジ
情報通信機械工業

-0.1

-18.1

11.3

デスクトップ型パソコン

2.3.在庫

在庫の動向
業種名 寄与度
(%ホ゜イント)
前月比(%) 前年同月比(%) 上昇または低下した主な品目等
上昇 鉄鋼業

0.9

7.3

-2.0

特殊鋼熱間圧延鋼材,特殊鋼熱間鋼管,H形鋼
非鉄金属工業

0.8

10.4

15.5

電気銅,巻線
化学工業

0.6

3.7

30.4

パラキシレン,フェノール
プラスチック製品工業

0.5

5.6

3.3

プラスチック製シート,プラスチック製容器(中空成形)
はん用・生産用・業務用機械工業

0.3

1.3

14.4

ショベルトラック
低下 窯業・土石製品工業

-0.8

-9.1

-12.3

ガラス短繊維製品,遠心力鉄筋コンクリートパイル
石油・石炭製品工業

-0.6

-17.3

-32.0

ガソリン,ナフサ,軽油,A重油
電気機械工業

-0.2

-7.8

0.7

電子レンジ,電気洗濯機
  • 「寄与度」とは、全体(ここでは鉱工業)の増減に対して、各業種の増減分がどれだけ影響を与えたかを示したものである。

3.主な業種の推移

はん用・生産用・業務用機械工業

はん用・生産用・業務用機械工業の推移(22年=100,季調済)のグラフ

化学工業

化学工業の推移(22年=100,季調済)のグラフ

食料品・たばこ工業

食料品・たばこ工業の推移(22年=100,季調済)のグラフ

 

月報(印刷用)ダウンロード

  • 月報(印刷用)はPDF形式です

統計表ダウンロード

  • 統計表はエクセル形式です
  • 「季節調整済指数(長期・財別付)」及び「原指数(長期・財別付)」の統計表ダウンロードは、平成26年10月分から茨城県鉱工業指数(月報)のページに移動します。

このページの先頭に戻る





コメントを残す