群馬の景気判断据え置き – 日本経済新聞

Home » 04住宅・建設投資 » 群馬の景気判断据え置き – 日本経済新聞
04住宅・建設投資, 新設住宅着工戸数 コメントはまだありません



 日銀前橋支店は3日、9月の群馬県金融経済概況を発表した。県内景気について「回復している」と前回から判断を据え置いた。個別項目では住宅投資の判断を引き下げ、個人消費や公共投資など他の6項目は据え置いた。

 住宅投資は「弱めの動きとなっている」とし、前回(7月)の「横ばい圏内の動きとなっている」から引き下げた。7月の新設住宅着工戸数は6カ月連続で前年を下回っ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!





コメントを残す