マンション高騰 販売低迷 九州7県1~6月、2年ぶり – 日本経済新聞

Home » 04住宅・建設投資 » マンション高騰 販売低迷 九州7県1~6月、2年ぶり – 日本経済新聞
04住宅・建設投資, マンション発売戸数 コメントはまだありません



 九州7県の2018年1~6月(上半期)のマンション販売戸数は3124戸と前年同期比1.5%減少し、2年ぶりに前年同期を下回った。地価や建設費の上昇で価格が高止まりし、消費者の買い意欲が衰えている。今後、都市部で大型の開発が予定されていることも買い控えにつながった。

 民間調査会社の住宅流通新報社(福岡市)がまとめた。

 販売戸数が前年同期を割り込んだのは、19.0%減った16年上半期以来2年ぶり。

 …

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!





コメントを残す