GAテクノロジーズ、海外向け中古マンション販売開始、インバウンド賃貸管理大手と提携 – 金融・投資情報メディア HEDGE GUIDE

Home » 04住宅・建設投資 » GAテクノロジーズ、海外向け中古マンション販売開始、インバウンド賃貸管理大手と提携 – 金融・投資情報メディア HEDGE GUIDE
04住宅・建設投資, マンション契約率 コメントはまだありません



株式会社GA technologies(以下、ジーエーテクノロジーズ)は8日、アジア地域を中心にインバウンド不動産賃貸管理事業大手のウェルスパーク株式会社(東京都渋谷区)と業務提携契約を締結したと発表した。今回の提携は、海外事業展開の一環で、インバウンド向け国内不動産販売に関する内容となる。

海外事業展開の背景には、アジア人投資家による日本不動産への投資需要の増加がある。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催や国内各地でのIR(統合型リゾート)施設の開業などを見据え、日本の不動産市場に関心を示すアジア人投資家が増えている。

特に中国市場でその傾向は顕著で、中国不動産市場調査会社「房天下」が公表した「2016年中国人による海外不動産購入トレンド報告」の中国人主要不動産投資国ランキングで日本は4位。日本の不動産・土地権利が無期限(中国は最長70年)であること、世界の大都市に比べ、日本の主要都市の不動産商品が高品質・低価格なことなどが影響しているとされる。

各都市の世帯収入に対する不動産価格の倍率をリスト化した「世界で最も住宅市場が高い都市ランキング」では1位の香港が19.4倍であるのに対し、東京・横浜は33位の4.8倍。世界市場から見た日本の不動産は手頃な投資対象といえる。今後はアジアの中間層による日本の不動産需要の拡大も予想される。

世界で最も住宅市場が高い都市ランキング

ジーエーテクノロジーズ社は中古不動産流通ポータルサービス「Renosy(リノシー)」を通じ、国内市場向けに大都市圏の中古マンションを販売。今年2月開設のRenosyポータルサイトや不動産オーナー向けアプリ「Renosy Insight」の提供開始によりサービス会員数は2万人を突破、不動産データおよびユーザーデータの蓄積を加速させてきた。これによりAI(人工知能)を活用した不動産物件の仕入れシステム「Tech Supplier」の精度を向上させ、良質な中古不動産物件のより安定的な供給が可能になった。

ウェルスパーク社はアジア人投資家を中心とするインバウンド不動産賃貸管理事業で高い実績を誇り、不動産オーナー向けアプリ開発などを通じて高いデータ構築技術を持つ。今回の業務提携で国内の優良な中古不動産物件の海外向け販売を手掛け、さらに販売実績を重ねることで、アジア人投資家(ユーザー)のデータベース構築を進めていく予定。

事業は投資用中古マンションの販売を行い、そこで得た知見やユーザーデータを将来的には空間シェアリングなど多角的なサービスの提供を検討するなど、「日本の不動産価値向上と中古不動産市場の活性化に取り組んでいく」としている。

ジーエーテクノロジーズ社は都心の中古ワンルームマンション投資を手がける東証マザーズ上場企業。物件情報の管理ツールやデータ解析などにAIを活用し、効率的に不動産投資の運用を行える。物件は投資効率の良い「築10年以降」の中古マンションを扱っており、同社が売主となることで購入時の「仲介手数料0円」を実現。

入居率は98.2%(2017年10月末時点)、賃貸管理は家賃に関わらず月額1080円(税込)で入居者募集から家賃集金・解約精算までを全面的にサポート。また、金融機関とのアレンジによっては「フルローン」で開始することも可能のため、自己資金が少ないケースでも相談ができるという特徴がある。

【参考記事】海外向け日本不動産(中古マンション)販売を開始
【関連記事】GAテクノロジーズ(Renosy)の評判・口コミ・資料請求
【サービスサイト】Renosyの不動産投資とは?



The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」

最新記事 by HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム (全て見る)



コメントを残す