京急、インドネシアでタワマン分譲 – (株)不動産流通研究所 (プレスリリース) (ブログ)

Home » 04住宅・建設投資 » 京急、インドネシアでタワマン分譲 – (株)不動産流通研究所 (プレスリリース) (ブログ)
04住宅・建設投資, マンション発売戸数 コメントはまだありません



「SOUTHGATE PRIME TOWER」イメージ

 京浜急行電鉄(株)は、海外での分譲マンション事業に進出。インドネシアの大規模複合開発に参画し、国内で展開する住宅ブランド「PRIME」を採用したタワーマンション「SOUTHGATE PRIME TOWER」(総戸数189戸)を分譲する。

 首都ジャカルタ中心部から南へ約12Km、スカルノハッタ国際空港まで直結した高速道路の至近に位置する。KRLジャボデタベックの「タンジュンバラット」駅徒歩1分に立地する「シマトパンタンジュンバラット」で進行中の、イオンモールを核とした複合商業施設1棟、オフィス1棟、高層タワーマンション2棟からなるプロジェクト。

 事業にあたり、伊藤忠商事(株)と伊藤忠都市開発(株)からなるPT JCREALと、インドネシアの大手ディベロッパーのSinarmas Land社傘下のPT Duta Semesta Masと共同で、現地プロジェクト会社「PT Keikyu Itomas Indonesia」を設立。同社は、分譲タワーマンション1棟を取得し、分譲事業を行なっていく。

 29階建て、住宅総床面積は2万416平方メートル。住戸面積は67~162平方メートル。実需層をターゲットとした面積構成になっている。販売開始は2018年秋、引き渡しは21年度の予定。

 京急電鉄では、今後は、インドネシアに限らず、海外での不動産事業の拡大を図っていく。





コメントを残す