マンション発売戸数、近畿は3年ぶり増加 – 産経ニュース

Home » 04住宅・建設投資 » マンション発売戸数、近畿は3年ぶり増加 – 産経ニュース
04住宅・建設投資, マンション発売戸数 コメントはまだありません



 不動産経済研究所が17日発表した近畿2府4県の平成30年上半期(1~6月)のマンション発売戸数は、前年同期比3・1%増の9087戸となり、上半期としては3年ぶりに増加した。大阪府内などでファミリー層向けの発売が旺盛だった。

 契約率は74・1%で、2・8ポイント下げたが、好調の目安とされる70%は上回った。担当者は「ホテル建設の増加で用地取得の競争が激しい大阪市内を避け、神戸市で投資用の戸数が激増した」と分析した。

 地区別の発売戸数は、神戸市が約2・2倍の1568戸、大阪市は13・1%減の3861戸、京都市も35・4%減の485戸だった。

 同時に発表した6月のマンション発売戸数は、前年同月比8・3%減の1211戸で、2カ月連続で前年実績を下回った。





コメントを残す