【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 アバール、ライクKN、ヴィスコ (12日大引け後 発表分) – 株探ニュース

Home » 04住宅・建設投資 » 【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 アバール、ライクKN、ヴィスコ (12日大引け後 発表分) – 株探ニュース
04住宅・建設投資, マンション契約率 コメントはまだありません



アバール <日足> 「株探」多機能チャートより

 12日大引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 アバール <6918> [JQ]  ★今期経常を20%上方修正、配当も9円増額
 ◆18年3月期の連結経常利益を従来予想の11億円→13.2億円に19.9%上方修正。増益率が18.4%増→42.0%増に拡大する見通しとなった。大手半導体メーカーの積極的な設備投資を背景に、半導体製造装置関連の受託製品が想定より伸びる。利益率が高い自社製品の画像処理モジュールの販売好調なども上振れに貢献する。
  業績好調に伴い、今期の年間配当を従来計画の49円→58円(前期は39円)に増額修正した。

 ヨシックス <3221>   ★今期配当を4円増額修正
 ◆18年3月期の年間配当を従来計画の12円→16円(前期は12円)に大幅増額修正した。好調な業績を踏まえ、株主への利益還元を増やす。今期の最終利益は前期比27.6%増の11.1億円と4期連続の過去最高益を見込む。権利確定日の27日を前に配当取りを狙う買いが期待される。

 グッドコムA <3475> [東証2]  ★11-1月期(1Q)経常は3.1倍増益で着地
 ◆18年10月期第1四半期(17年11月-18年1月)の連結経常利益は前年同期比3.1倍の3.9億円に急拡大して着地。主力の投資マンションの販売が個人投資家向け、不動産販売会社向けともに拡大し、37.7%の大幅増収を達成したことが寄与。上期計画の5.2億円に対する進捗率は76.2%に達しており、業績上振れが期待される。

 インフォメD <4709>   ★今期経常を一転10%増益・10期ぶり最高益に上方修正
 ◆18年3月期の連結経常利益を従来予想の10.3億円→12.5億円に21.4%上方修正。従来の9.1%減益予想から一転して10.3%増益を見込み、一気に10期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。1月にセゾン情報システムズ <9640> [JQ]から買収したフェスの業績上積みが収益を押し上げる。プロジェクトマネジメントが奏功し、ソフト開発不採算案件の利益率が改善したことなども上振れの要因となる。

 ライクKN <6065>   ★5-1月期(3Q累計)経常が3.1倍増益、1→2の株式分割も発表
 ◆18年4月期第3四半期累計(17年5月-18年1月)の連結経常利益は前年同期比3.1倍の11.7億円に急拡大して着地。認可保育園の新規開設や補助金収入の増加などで、公的保育事業の収益が拡大したことが寄与。適正価格での契約更改が奏功し、受託保育事業の採算が大幅に改善したことも増益に貢献した。通期計画の13億円に対する進捗率は90.7%に達しており、業績上振れが期待される。
  同時に、3月31日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施すると発表。株式流動性の向上や投資家層の拡大を好感する買いが期待される。

 西部電機 <6144> [東証2]  ★今期経常を10期ぶり最高益に24%上方修正
 ◆18年3月期の連結経常利益を従来予想の16.5億円→20.5億円に24.2%上方修正。増益率が3.4%増→28.5%増に拡大し、10期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。今期業績の上方修正は昨年10月に続き、2回目。海外で高精度機への需要が高まるなか、精密機械の輸出販売が伸び、売上が計画を上回ることがこと利益を押し上げる。

 ヴィスコ <6698> [JQ]  ★未定だった今期配当は49円増配
 ◆従来未定としていた18年3月期の期末一括配当は50円(前期は1円)実施する方針とした。好調な業績による普通配当40円に加え、ジャスダック上場記念配当10円を実施する。今期の最終利益は前期比43.6%増の2.9億円に拡大する見通し。権利確定日の27日を前に配当取りを狙う買いが期待される。

株探ニュース





コメントを残す