クリナップはボックス上放れの動き、18年3月期減益予想だが19年3月期収益改善期待 – 財経新聞

Home » 04住宅・建設投資 » クリナップはボックス上放れの動き、18年3月期減益予想だが19年3月期収益改善期待 – 財経新聞
04住宅・建設投資, 新設住宅着工戸数 コメントはまだありません



 クリナップ<7955>(東1)はシステムキッチン大手で、システムバスルームも展開している。18年3月期はリフォーム市場低迷などで減収減益予想だが、19年3月期の収益改善を期待したい。株価はボックスレンジから上放れの動きを強めている。低PBRも見直し材料だろう。

■システムキッチンの大手でシステムバスルームも展開


 システムキッチンの大手である。厨房部門(システムキッチン)を主力として、浴槽・洗面部門(システムバスルーム・洗面化粧台)も展開している。なお収益は新設住宅着工件数やリフォーム需要の影響を受けやすい特性がある。

 17年3月期の部門別売上高構成比は厨房部門79%、浴槽・洗面部門16%、その他5%、販売ルート別売上高構成比(単体ベース)は一般ルート(工務店・リフォーム)79%、ハウスメーカー16%、直需(マンション)5%だった。

 中期経営計画では「ザ・キッチンカンパニー」の確立を目指し、重点施策として中高級品の販売強化、リフォーム市場で競争優位となる商品の開発、ショールームを核とした販売戦略の推進、サプライチェーン全体での原価低減活動の強化、設備投資およびコストの最適化などを推進している。

■18年3月期は減収減益予想、19年3月期の収益改善期待


 今期(18年3月期)の連結業績予想(11月1日に減額修正)は、売上高が前期(17年3月期)比3.0%減の1103億円、営業利益が29.6%減の14億円、経常利益が27.6%減の13億円、純利益が47.7%減の7億円としている。

 第2四半期累計は、売上高が前年同期比6.5%減の530億85百万円、営業利益が51.6%減の6億01百万円、経常利益が45.7%減の6億26百万円、純利益が66.2%減の3億16百万円だった。新設住宅着工戸数の伸び鈍化、リフォーム市場の低迷で計画を下回り、減収減益だった。

 通期ベースではシステムキッチン「S.S.」「クリンレディ」や、17年9月新発売したシステムバスルーム「ユアシス」など中心に拡販を強化し、原価低減の推進にも努めるとしている。今期(18年3月期)は減収減益予想だが、来期(19年3月期)の収益改善に期待したい。

 なお配当予想は前期と同額の年間20円(第2四半期末10円、期末10円)としている。予想配当性向は104.5%となる。

■株価はボックス上放れの動き


 株価は1月11日に919円まで上伸し、850円~910円近辺のボックスレンジから上放れの動きを強めている。18年3月期減益予想の織り込みは完了しているようだ。

 1月11日の終値919円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS19円13銭で算出)は48倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間20円で算出)は2.2%近辺、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS1437円82銭で算出)は0.6倍近辺である。時価総額は約344億円である。

 週足チャートで見ると26週移動平均線を回復してボックスレンジから上放れる形だ。0.6倍近辺の低PBRも見直し材料だろう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】

【新春相場を占う】2018年の株式市場展望とリスク要因を探る(2018/01/02)

【新春注目銘柄】鳥居薬品は初のスギ花粉症舌下錠の国内製造販売承認取得を見直してシーズン・ストック株人気再燃(2018/01/02)

【新春注目銘柄】エンバイオHDは中国の環境規制で恩恵受ける、上場来高値奪回から一段高へ(2018/01/02)

【新春相場展望】2018年前半は上値追いに慎重、お盆を目安に上昇トレンドへ=長島和弘(2018/01/02)

【新春注目銘柄】竹内製作所はトランプ減税策のメリット関連株は第3四半期決算発表に先取り買い妙味(2018/01/02)





コメントを残す