ホーチミン:Q1の新築分譲マンション市場、販売価格上昇 – 日刊ベトナムニュース

Home » 04住宅・建設投資 » ホーチミン:Q1の新築分譲マンション市場、販売価格上昇 – 日刊ベトナムニュース
04住宅・建設投資, マンション発売戸数 コメントはまだありません



 不動産仲介大手CBリチャードエリス(CBRE)ベトナムはこのほど、ホーチミン市における2017年第1四半期の不動産市場レポートを発表した。それによると、同期の新築分譲マンションの販売価格は前期比および前年同期比ともに上昇した。


 第1四半期における新築分譲マンションの新規供給戸数は前期比▲44%減、前年同期比では▲49%減となる21案件からの5083戸。最も大きな割合を占めたのは中級マンションで52%だった。高級マンションの新規供給戸数は前期比▲72%減少した。


 新築分譲マンション成約戸数は前期比▲47%減、前年同期比では▲29%減の6051戸で、うち中級マンションの成約戸数が全体の67%を占めた。


 1m2当たりの平均販売価格は前期比+6%上昇、前年同期比では+13%上昇の1595USD(約17万7000円)だった。中でも2区を中心に高級マンションの平均販売価格は前期比+7.9%上昇した。





コメントを残す