最高齢33歳サルの死認定、大分高崎山自然動物園 – 京都新聞

Home » 04住宅・建設投資 » 最高齢33歳サルの死認定、大分高崎山自然動物園 – 京都新聞
04住宅・建設投資, マンション発売戸数 コメントはまだありません

 死が認定された高崎山自然動物園で最高齢だった33歳の雌ザル「チャギリ」=1月(高崎山自然動物園提供)
 死が認定された高崎山自然動物園で最高齢だった33歳の雌ザル「チャギリ」=1月(高崎山自然動物園提供)

 野生ニホンザルの餌付けで知られる高崎山自然動物園(大分市)は15日、園最高齢となる33歳の雌ザル「チャギリ」が餌場に姿を見せないまま1カ月経過し、慣例に従い死を認定したと明らかにした。人間に当てはめると約110歳の大往生で、産んだ子どもの数は園平均の約2倍に当たる14匹に上るという。

 園によると、「おばあちゃん」の愛称で親しまれ、706匹いるB群に所属。姿を消した前日の1月27日まで、群れの仲間と一緒に山から餌場に下りていた。病気やけがをした様子はなかった。

 職員の藤田忠盛さん(46)は「近年は足腰が弱り、頼りなく歩く姿が印象的だった」と悲しんだ。

【 2017年03月15日 18時35分 】

ニュース写真

  •  死が認定された高崎山自然動物園で最高齢だった33歳の雌ザル「チャギリ」=1月(高崎山自然動物園提供)

京都新聞デジタル版のご案内

地域の政治・社会ニュース

全国の政治・社会ニュース

コメントを残す