首都圏の新築マンション契約率、7年ぶり70%割れ – 朝日新聞

Home » 04住宅・建設投資 » 首都圏の新築マンション契約率、7年ぶり70%割れ – 朝日新聞
04住宅・建設投資, マンション契約率 コメントはまだありません



 2016年に首都圏(東京都と神奈川、埼玉、千葉の各県)で売り出された新築マンションは前年比11・6%減の3万5772戸で、3年連続で前年割れした。発売された月の末日までの契約率は68・8%で、好調の目安の7割を7年ぶりに下回った。人手不足で施工費がふくらみ、販売価格が上がって買い控えが起きている。

 不動産経済研究所が19日に発表した。発売戸数はバブル崩壊後では92年(2万6248戸)以来の低水準で、3万戸台は09年(3万6376戸)以来。需要の低迷で、不動産会社が売り出し戸数を絞っている。

 一方、16年の1戸あたりの平…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら





コメントを残す