近畿のマンション発売 2月減少 – 産経ニュース

Home » 04住宅・建設投資 » 近畿のマンション発売 2月減少 – 産経ニュース
04住宅・建設投資, マンション契約率 コメントはまだありません

 不動産経済研究所は15日、近畿2府4県の2月のマンション発売戸数が、前年同月比15・0%減の1394戸で、8カ月ぶりに前年を下回ったと発表した。

 大規模物件が少なかったほか、価格が全体的に高い水準にある中、発売時期を繰り下げる動きがあったことなどが影響した。月末までに売れた割合を示す契約率は同2・5ポイント上昇の74・5%と、売れゆきは好調だった。平均価格は同0・8%増の3747万円で4カ月ぶりに前年を上回った。

 一方、首都圏1都3県のマンション発売戸数は同3・3%増の2310戸で、2カ月ぶりに前年を上回った。契約率は68・4%。

コメントを残す