買取再販年間販売戸数ランキング、マンション1位はベストランド – リフォーム産業新聞

Home » 04住宅・建設投資 » 買取再販年間販売戸数ランキング、マンション1位はベストランド – リフォーム産業新聞
04住宅・建設投資, マンション発売戸数 コメントはまだありません



買取再販年間販売戸数ランキング、マンション1位はベストランド

このエントリーをはてなブックマークに追加


LINEで送る

買取再販ランキングロゴ マンション、戸建てそれぞれの有力事業者はどこか―――。本紙独自調査企画「買取再販年間販売戸数ランキング」を元にマンションと戸建てそれぞれの上位企業を紹介する。

カチタス、リプライス連合ダントツ

 戸建て住宅の再販企業は、8社が100戸超えだった。地方に本拠地がある企業が多いことが特徴だ。

 トップは、総合ランキングでも首位に輝いたカチタス(群馬県桐生市)だ。戸数は3209戸で、同社全体販売数の93%が戸建てだ。同社は地方における戸建て買取再販の先駆者。戸建ての持ち主にアプローチをして空き家などを売ってもらう、という全国的にも珍しいビジネスモデルが特徴。特に、賃貸から持ち家に住み替えたい若者に人気だ。

 2位は571戸のリプライス(愛知県名古屋市)。全国に16拠点を持ち、特に創業地の中京圏に強みを持つ。2016年3月にカチタスグループとなり、2社で4000戸弱の再生戸建て住宅を販売している。

 3位が360戸のリアルト・ハーツ(東京都目黒区)。「リセットハウス」の名称で、全国12拠点でサービスを行っている。

戸建て部門 TOP3

戸建て部門 TOP3

マンション100戸超えは28社

 一方、マンションはプレーヤーの多さが際立った。4社が再販数1000戸を超え、29社が100戸を超えている。企業の大半が東京都、大阪などの大都市圏に本拠地を持つ企業で、地方企業はほとんどなかった。

 トップは総合2位のベストランド(東京都港区)の2053戸。同社はOGIのグループ企業で「マイランド」と「ビルエステート」の2つの販売・情報サイトを運営。主に投資家を顧客とした収益物件の販売がメーンだ。

 2位は1465戸の大京穴吹不動産(東京都渋谷区)。不動産仲介をも手がける同社は、その過程で出る物件を大量に仕入れている。特に自社物件のライオンズマンション系に強みを持っている。また、社内で仕入れや改修に一定の基準を設けて運用し、個々の営業マンの力量に拠らない体制にしている。

 3位のインテリックス( 東京都渋谷区) は、1432戸。マンション再販の先駆者として、「リノヴェックスマンション」のブランドで事業を展開。一定の住宅性能を持つ「R1」基準をクリアする物件を作る。中古の古さを全く感じさせないリノベーションがウリだ。

マンション部門 TOP3

マンション部門 TOP3





コメントを残す