これから賃貸住宅は「タダ」で住めるようになる!?そのワケは? – エキサイトニュース

Home » 04住宅・建設投資 » これから賃貸住宅は「タダ」で住めるようになる!?そのワケは? – エキサイトニュース
04住宅・建設投資, 新設住宅着工戸数 コメントはまだありません



もはやアパートはタダ!?アパートから始まるバブル崩壊の足音

いま、アパート建設が増えています。今年発表された新設住宅着工戸数の統計によれば、日本の新築住宅は2年連続で増え、もうすぐ100万戸に届こうとしています。その中で特に「貸家」の着工戸数が増えています。新築の住宅のうち、なんと4割はアパート、マンションなどの貸家の建設、それは前年比10.5%の大幅増加なのです。

そして一方、空き家が増えて社会問題となっていることはよく知られるようになりました。今後も人口減少とともにどんどん空き家が増え、15年後の平成45年にはなんど空き家の数が現在の2倍超、2000万戸を超えるという予測もあります。

それに伴う空室率の増加も大家さんにとっては深刻な問題です。ためしに、夜、帰りの電車の窓から見える賃貸アパート・マンションの明かりがどれだけ灯っているか見てみるのもよいでしょう。いま、首都圏では駅からちょっと離れれば空室率30%、40%のアパート・マンションがゴロゴロ、もう当たり前になりつつあります。

空き家が増え、空室率も高水準なのに、先を争うように賃貸アパート・マンションを建設している…何かがおかしいと感じませんか?そう、いま、何かがおかしいのです。不動産市場には何かのひずみが生まれ、それが静かに貯まり、何かを求めてうごめいているのです。

金融庁も、日本銀行も、それぞれ発行しているレポートでこの状況に警笛を鳴らしています。





コメントを残す