三菱日立、中国に原発機器を初納入 – 日本経済新聞

Home » 04住宅・建設投資 » 建設工事受注 » 三菱日立、中国に原発機器を初納入 – 日本経済新聞
建設工事受注 コメントはまだありません



三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は12日、中国浙江省の三門原子力発電所1号機向け蒸気タービンを、運営者の三門核電に納入したと発表した。MHPSが中国から初めて受注した原子力関連機器だ。世界的に原発市場が縮小するなか、中国は積極的に推進する数少ない国。同市場で存在感を高め、事業機会の拡大を目指す。

三門原発は米ウエスチングハウスが開発した原子炉「AP1000」の初めての導入事例。MHPSは蒸気タービンを備えた125万キロワットの発電ユニットの製造を担当した。実証運転での各種性能試験をクリアし、営業運転を開始したという。

中国は原発の発電容量を2020年に5800万キロワットに引き上げる目標を掲げ、現時点で40基近い原発が稼働している。

MHPSは中国市場の開拓に向け、現地の大手重電のハルビン電気とパートナーシップを結んで営業活動をしている。このほかにも三門原発の2号機、山東省の海陽原発の1、2号機の発電ユニット受注しており、建設工事を進めている。





コメントを残す