不動テトラのフィスコ二期業績予想 – まぐまぐニュース!

Home » 04住宅・建設投資 » 建設工事受注 » 不動テトラのフィスコ二期業績予想 – まぐまぐニュース!
建設工事受注 コメントはまだありません




※この業績予想は2018年9月10日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

不動テトラ

3ヶ月後
予想株価
235円

ゼネコン中堅。締固めで独自工法。海上土木と地盤改良に強み。道路、橋脚、鉄道、ダム、上下水道、廃棄物処理場などにも実績。代表的消波ブロック「テトラポッド」は同社の登録商標。19.3期1Qは各利益急拡大。

中央新幹線建設工事を受注も、前期の高採算工事が減少。地盤改良事業は海外案件獲得。地盤改良工事や国道45号など手持ち工事豊富。新規事業睨み先行投資を計画。災害復興等、カタリスト豊富で、株価堅調推移を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/70,000/3,200/3,200/2,100/128.40/50.00
20.3期連/F予/72,000/4,000/4,000/2,600/158.90/50.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/09/10
執筆者:YT





コメントを残す