【材料】ライト工業のフィスコ二期業績予想 – 株探ニュース

Home » 04住宅・建設投資 » 建設工事受注 » 【材料】ライト工業のフィスコ二期業績予想 – 株探ニュース
建設工事受注 コメントはまだありません



ライト <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年4月23日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

ライト工業<1926>

3ヶ月後
予想株価
1,300円

特殊土木会社。強みは斜面・のり面保護対策工事、基礎・地盤改良工事。耐震補強工事にも注力。受注高の約7割が公共工事。年間配当予想は25円から35円に増配。18.3期3Q累計は前年同期に比べ、伸び鈍化。

18.3通期は小幅減収、減益予想。足元の受注残高は増加も、環境省発注の除染工事の減少や連結子会社の大型建築工事等の手持工事の減少が影響する。株価は5日線と25日線がゴールデンクロス。持ち直し続く。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/101,000/9,000/9,200/6,300/119.64/35.00
19.3期連/F予/106,000/10,000/10,500/6,900/131.05/35.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/04/23
執筆者:NI

《FA》

 提供:フィスコ





コメントを残す