オフィスコンシェルジュ、抜け・漏れのない業務管理をサポート – リフォーム産業新聞

Home » 04住宅・建設投資 » 建設工事受注 » オフィスコンシェルジュ、抜け・漏れのない業務管理をサポート – リフォーム産業新聞
建設工事受注 コメントはまだありません



オフィスコンシェルジュ、抜け・漏れのない業務管理をサポート

このエントリーをはてなブックマークに追加


LINEで送る

 オフィスコンシェルジュ(東京都新宿区)は、リフォーム業向け営業進捗管理ソフト『リフォームBALENA(バレーナ)』の本格販売を始めた。

 同社は、もともと建設業向けの業務管理ソフト『BALENA』を開発、販売しているが、リフォーム業には、固有のワークフローがあることに注目。リフォーム店の監修の下、地域密着の顧客管理や、スピード感のある対応力等を反映させたシステムを開発した。

 同ソフトでは、電話とコンピューターが連動するCTI機能、顧客満足度を上げるCRM(顧客管理)機能に、スケジューリング機能が加わり、その全てを一括管理できる。

 電話がかかれば、即座に相手の名前から交渉履歴、自社の担当者といった顧客情報がポップのように画面表示。誰が受けてもスムーズに対応できる。また、案件発生から受注、工事完了、サポートまでの各工程に期日を設定でき、自動で登録、共有化されるため、タスクの抜けや漏れが防げる。さらにWEB上からも入力できるので、担当者が外から上げる現調の詳細を、社内にいながらリアルタイムで確認できる。

 「このソフトを使うと、次にいつまで何をしたらよいのかが誰でもわかるので、手離れよく工程管理ができると思います」(小松社長)

 そのほか、見積・発注書等の書類作成、経理業務等も一元管理でき、料金は、6年リース契約でパソコン1台に付き、月6万9800円から。1台ごとに800円ずつ加算される。





コメントを残す