大成建設、作業員の労務管理徹底=新国立工事、労災認定受け:時事 … – 時事通信

Home » 04住宅・建設投資 » 建設工事受注 » 大成建設、作業員の労務管理徹底=新国立工事、労災認定受け:時事 … – 時事通信
建設工事受注 コメントはまだありません



 2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場の建設工事で、下請け会社の男性社員が自殺し労災認定された問題を受け、工事を受注したが14日、作業員の労務管理の見直し状況を公表した。5月から下請け各社の現場責任者らが詰める事務所を午後8時に閉鎖するなど、時間外労働の抑制を徹底したという。
 男性社員は3月に自殺した。大設によると、事務所の午後8時閉鎖の徹底に加え、9月から下請け各社に作業員らの入退場記録の提供を開始。今月中には一室に医師を配置し、健康相談を受け付ける体制も整える。(2017/11/14-18:51)

【経済記事一覧へ】 【アクセスランキング】





コメントを残す