夏まつり、夜空に大輪きらめく 京都、陸自大久保駐屯地 – 京都新聞

Home » 04住宅・建設投資 » 建設工事受注 » 夏まつり、夜空に大輪きらめく 京都、陸自大久保駐屯地 – 京都新聞
建設工事受注 コメントはまだありません

夜空に打ち上がった花火を大勢の人が楽しんだ(宇治市広野町・陸上自衛隊大久保駐屯地)
夜空に打ち上がった花火を大勢の人が楽しんだ(宇治市広野町・陸上自衛隊大久保駐屯地)

 京都府宇治市広野町の陸上自衛隊大久保駐屯地で8日夜、駐屯地を一般開放する「夏まつり」があり、花火約200発が打ち上げられた。同市で宇治川花火大会が4年連続で中止となる中、大勢の市民が夜空を彩る花火に見入った。

 台風一過の蒸し暑さが残る中、打ち上げは午後7時40分ごろに開始。間近で迫力ある花火を楽しもうと、駐屯地や周辺には親子連れや若者が繰り出し、夏の風物詩を満喫した。

 半世紀以上続いた宇治川花火大会は2014年に川の増水で中止になって以降、見物客の安全対策が整わない状態が続いており、来年以降も開催が危ぶまれている。

【 2017年08月09日 11時47分 】

関連記事     

ニュース写真

  • 夜空に打ち上がった花火を大勢の人が楽しんだ(宇治市広野町・陸上自衛隊大久保駐屯地)

京都新聞デジタル版のご案内

地域のニュース

コメントを残す