【材料】三信建設工業のフィスコ二期業績予想 – 株探ニュース

Home » 04住宅・建設投資 » 建設工事受注 » 【材料】三信建設工業のフィスコ二期業績予想 – 株探ニュース
建設工事受注 コメントはまだありません



市場ニュース

戻る

2017年07月17日16時24分

【材料】三信建設工業<1984>のフィスコ二期業績予想

三信建 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2017年7月13日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

三信建設工業<1984>

3ヶ月後
予想株価
330円

地盤注入工事、アンカー・斜面安定工事、地盤改良工事など特殊基礎土木工事業を展開。地盤改良に関連する高い技術力が強み。海外工事の受注工事高は減少。大型工事の発注時期の遅れも響く。17.3期は業績伸び悩む。

大型工事の期ずれ分が寄与し、18.3期は増収を見込む。得意分野の耐震、液状化防止などが堅調。老朽化対策需要への対応も図る。収益面は株価に織り込み済み。割安感の強さやテーマ性が当面の株価を下支えへ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/10,000/320/370/270/27.00/10.00
19.3期連/F予/10,300/350/400/300/30.00/10.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/07/13
執筆者:YK

《FA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】





コメントを残す