米シアーズ、経営破綻の手続きに着手か 小売業界変革期の波に乗れず – WWD JAPAN.com

Home » 03消費 » 米シアーズ、経営破綻の手続きに着手か 小売業界変革期の波に乗れず – WWD JAPAN.com
03消費, 小売業販売額 コメントはまだありません



 米シアーズ ホールディングス(SEARS HOLDINGS、以下シアーズ)の10日の株価は、前日の終値から26.5%落ち込み43セント(約49円)だった。同社は経営破綻の手続きに向けて準備を進めているようだが、同社はコメントを控えている。

 エドワード・S・ランパート(Edward S. Lampert)会長兼最高経営責任者(CEO)はこの数週間、43億5000万ドル(約4915億円)の負債に対して緊急支援策を取っていたが、15日が支払い期日の負債が1億3400万ドル(約151億円)残っている。同社は9日、経営再編のエキスパートであるアラン・J・カー(Alan J. Carr)を取締役会のメンバーに迎え、打開策を見いだそうとしている。

 ランパート会長兼CEOの緊急支援策の1つが、自身のヘッジファンドであるESLインベストメンツ(ESL INVESTMENTS)によるシアーズの資産14億7000万ドル(約1661億円)の買収で、その資産には、同社の家電ブランド「ケンモア(KENMORE)」や住宅リフォームサービス業なども含まれる。

 シアーズの株はランパート会長兼CEOが5割を保有しているが、その内訳は31%が個人保有で、19%を同会長兼CEOが会長職を務めるESLインベストメンツが保有している。

 格付け企業フィッチ・レーティング(FITCH RATING)は、ランパート会長兼CEOの緊急支援策が機能しても、民事再生法申請は免れないのではないかとし、経営再建には6億ドル(約678億円)以上の年間流動資金が必要だと推算する。

 小売業界の不況が続く中、ウォルマート(WALMART)やターゲット(TARGET)はデジタル化や顧客中心の販売戦略に舵を切ったが、シアーズは新たな消費者ニーズへの投資をしてこなかった。それが米小売り大手の明暗を分けた大きな要因のようだ。

 シアーズ ホールディングスは05年にシアーズ、Kマート(KMART)、ローバック&カンパニー(ROEBUCK&CO.)が合併して発足した。当初は、3500店舗以上の運営と年間売上高は550億ドル(約6兆円)を目標としていたが、業績悪化に伴い閉店が加速。17年初めに不採算店舗350店を閉店すると発表し、18年1月末には「Kマート」は500店舗以下、「シアーズ」 は1150店舗以下となり、10月時点で両社を合わせて866店舗となっている。また17年6月にはシアーズ・カナダ(SEARS CANADA)が日本の民事再生法に当たる会社債権者調整法(Companies Creditors Arrangement Act)の適用をオンタリオ上級司法裁判所に申請した。この時点でシアーズ ホールディングスの倒産を危惧する専門家の声もあった。





コメントを残す