東武トップツアーズ、中間期純損失6.5億円 – 旅行業界・航空業界 最新 … – 航空新聞社 (プレスリリース) (ブログ)

Home » 03消費 » 東武トップツアーズ、中間期純損失6.5億円 – 旅行業界・航空業界 最新 … – 航空新聞社 (プレスリリース) (ブログ)
03消費, 旅行取扱高 コメントはまだありません



2018.09.04

ウイングトラベル

減収幅拡大、国内団体と訪日個人は好調

 東武トップツアーズの2018年6月中間期決算は、取扱高が前年同期比14億1400万円減の626億3800万円、営業収入が3億9300万円減の86億6400万円の減収となり、営業損失は8億7600万円、経常損失8億8500万円、中間純損失は6億47百万円を計上した。
 国内旅行部門は、取扱高が11億5700万円減の433億8百万円、営業収入が3300万円減の59億22百万円。うち団体旅行は学校団体が前年をやや下回ったものの、一般企業、自治体・省庁の法人需要が堅調で取扱高は前年を上回り、営業収益も増収となった。個人旅行は航空券やJR券販売の低迷に加え、企画商品も販売が不振で、取扱高、営業収益ともに前年を下回った。
 一方、海外旅行部門は、取扱高が9億200万円減の145億4500万円、営業収入が3億200万円減の16億2100万円。うち団体旅行は前年の大型団体の反動もあり、一般企業、自治体・省庁、学校団体ともに苦戦し、取扱高、営業収益ともに前年を下回り、減収となった。を下回り、減収となった。個人旅行は2月の平昌オリンピックの販売やビジネス利用航空券が好調で、取扱高は前年を上回ったものの、営業収益は前年を下回った。





コメントを残す