犬と登山を楽しもう 法律など注意点や便利グッズ、オススメの山を紹介 – ペトこと

Home » 03消費 » 犬と登山を楽しもう 法律など注意点や便利グッズ、オススメの山を紹介 – ペトこと
03消費, 旅行取扱高 コメントはまだありません



ワンちゃんと旅行に行くのが好き、ご自身も愛犬も心身ともに健康思考! という飼い主さんは、愛犬と一緒に体を動かしたり綺麗な空気が吸えるところにお出かけしたりしたいですよね。ハイキングやトレッキングもありますが、今回は少しハードルが高そうな「愛犬との登山」について、楽しみ方や注意点を紹介します。

犬と一緒に登山はしてもいいの?

環境省は犬との登山について、公式サイトで以下のように説明しています。

罰則の対象にはなりませんが、地域のマナーは尊重してください。今回の改正により規制される行為は「動物を放つこと」であり、「持ち込むこと」を罰則つきで禁止するものではありません。しかし、国立・国定公園の山岳部などでは、以前より他の公園利用者や野生動物への配慮からペットの持ち込みの自粛を要請している地域もあります。今回の改正により、このような取扱いが変わるものではありませんので、以前同様、御理解と御協力を御願いいたします。なお、マナーの問題に留まらず、ペットを連れての公園利用を罰則をもって制限する必要が生じた場合は、自然公園法第15条に基づく利用調整地区の指定等により対応することが考えられます。

つまり、「犬(動物)を放つこと」は禁止されていますが、「持ち込むこと」自体は原則として問題無いということです。犬と登山をすることは法律で禁止されているわけではないのですが、地域によっては「生態系に影響を及ぼす可能性」「自然保護」などの理由でペットの持ち込みを自粛するよう呼び掛けている場合もあります。知らずに現地に行ってトラブルになってしまったということが無いように、事前に確認することが必要です。

迷惑になってしまうポイント

犬を連れて行って大丈夫なところであっても、ルールやマナーを守らなければ他の登山者の迷惑になってしまいます。

ノーリードで登山はNG

どんなにしつけに自信があったとしても、ノーリードで歩かせてはいけません。 リードも長さを調節できるものや腰に着けられるもの、首輪ではなくハーネスタイプのものまでさまざまあります。どれくらい険しい山かや、登山者が多いか少ないかなど、確認した上、その状況に合ったものを選ぶようにしましょう。

関連記事

登山する際の問題行動

リードをしていても、知らない人に吠えたり攻撃的な一面を見せたりするワンちゃんは狭い登山道ですれ違う他の登山者に迷惑になってしまいます。マーキング癖のある子はマナーパンツを履かせるなどの対策をしてから登るようにしましょう。そしてヒート中のメス犬はNGです。

関連記事

ゴミは持ち帰る

これは登山に限りませんが、「持ち込んだものはすべからく持ち帰る」が原則です。ゴミや排泄物の片付けは必ず責任を持って行いましょう。

犬が受け入れられやすい山か

法律でokだからといって我が物顔でワンちゃんを連れて行けば、他の登山者とトラブルになりかねません。トラブルを避けるためにも、犬を連れて行きやすい山を選んだり、登山者が少ない時期や時間帯を選ぶことが大切です。

あらゆる意味で飼い主さんが自分の愛犬を責任を持って管理できる、ということが大切です。

犬と一緒の登山の楽しみ方・準備

登山をする犬

自然の中はワンちゃんにとってウキウキすることがたくさんあるでしょう。澄んだ空気と緑いっぱいの中でお散歩するだけでもとても良い刺激になると思います。飼い主さん側が「頂上目指すぞ!」と意気込むより、無理のない範囲でワンちゃんと共に自然を満喫してみてください!

犬と登山に行く際に必要なもの

犬と登山に行く際に必要となる基本的なアイテムを紹介します。

ハーネスとリード

登山は普通の散歩とは異なります。何かあった時のために予備を持っていくと安心です。リードは長さを調節できるフレキシリード、ハーネスは持ち上げやすい登山用ハーネスがあると便利です。

関連記事

犬が入れるリュックやスリング

愛犬が怪我をしたり体調が悪くなって下山しなければいけなくなった時、小型犬でなければそのまま抱えてというのは難しいでしょう。両手が空くリュックタイプのものやスリングを携帯しておくと安心です。

迷子札

何かの拍子にリードが外れて駆け出してしまうかもしれません。必ず住所と電話番号を記載した迷子札を首輪などに付けておきましょう。ボールチェーンは外れやすいため避けた方が良いです。

うんち袋

いつもより少し多めに持って行き、必ず自宅まで持ち帰りましょう。

飼い主さんの分も含めて多めに持っていくことをお勧めします。

犬用レインコート

山の天気は変わりやすいもの。犬用のレインコートも一つあると突然の雨でも安心です。

関連記事

ワクチン接種やノミ・マダニ対策

トラブル防止のためにも狂犬病の予防接種は必ず済ませておきましょう。また、山の中にはさまざまな虫がいますのでノミ、マダニ対策もきちんとしていきましょう。



関連記事

犬と登山に行く際の注意点は?

この記事を飼い主仲間に
シェアしよう!



コメントを残す