セイノーHDの17年4~12月期、純利益11%増155億円 – 日本経済新聞

Home » 03消費 » セイノーHDの17年4~12月期、純利益11%増155億円 – 日本経済新聞
03消費, 新車販売台数 コメントはまだありません



 セイノーホールディングスが14日に発表した2017年4~12月期の連結決算は、純利益が前年同期比11%増の155億円となった。売上高は前年同期比5.7%増の4470億円、経常利益は前年同期比5.1%増の232億円、営業利益は前年同期比8.9%増の225億円だった。

 自動車販売事業中、乗用車販売においては、地域に密着した営業活動に加え、新型車や人気車種を中心としたキャンペーンの展開等により、新車販売台数は前年同期実績を上回った。中古車販売においても、新車販売増加による下取り車の入庫増加によって小売台数を伸ばすことができたことから販売台数は前年同期実績を大きく上回った。

 2018年3月期は純利益が前期比1.6%増の185億円、売上高が前期比3.4%増の5870億円、経常利益が前期比0.4%減の288億円、営業利益が前期比3.3%増の280億円の見通し。

決算サマリー自動生成について
企業がネット上に開示した決算発表資料から業績データやポイントを人工知能(AI)技術を使って自動で文章を作成しました。詳しくはこちらをご覧ください





コメントを残す