日銀新潟支店、1月の景気判断据え置き 輸出は増 – 日本経済新聞

Home » 03消費 » 日銀新潟支店、1月の景気判断据え置き 輸出は増 – 日本経済新聞
03消費, 旅行取扱高 コメントはまだありません



 日銀新潟支店は12日、1月の新潟県内の金融経済動向を発表した。基調判断は「回復している」と前月の表現を据え置いた。中国を中心とするアジア向けに建設機械などの輸出が好調に推移しているほか、個人消費も緩やかに持ち直しているため。企業収益も増加傾向が続いているという。

 輸出は「増加している」と前月の表現を据え置いた。スマホ関連部品などの電気機械に加え、アジアで工場建設やインフラ整備が進むのを受けて、建機や工作機械などの輸出が増えた。自動車部品などの輸送用機械も高水準で推移している。

 個人消費も「緩やかに持ち直している」と据え置いた。11月の百貨店・スーパーの売上高は前年実績を上回り、年末年始商戦でも高額品の売れ行きが伸びた。家電販売額や旅行取扱高も持ち直しているという。

 企業の生産活動は「緩やかに増加している」とした。米菓や水産練り製品などの食料品が好調で、電子部品や工作機械でも受注が伸びている。





コメントを残す