ドル円、112円台付けるが上値は重い。 – 株経ONLINE

Home » 03消費 » ドル円、112円台付けるが上値は重い。 – 株経ONLINE
03消費, 消費支出 コメントはまだありません



マーケットコンディション

先週末のドル円は、111.89円で始まると、東京時間は、前日のドル高の流れ継続となり112.19円まで上昇。午後には日経平均株価が軟調となった事を受け111円台後半に失速。ロンドン時間、ドル円は一時112円台まで上昇したが111円台後半で推移。NY時間、ダドリー米NY連銀総裁が「金融政策を引き締める緊急性はない」と発言すると、ドル円は111.24円まで下落。2月 個人消費支出(前月比)は、0.1%(予想0.2%)、3月 シカゴ購買部協会景気指数は57.7(予想56.9)、3月 ミシガン大学消費者態度指数は96.9(97.6)となったが、反応は限定的となり、111.35円でクローズをむかえた。

ドル円、112円台付けるが上値は重い。

先週末は、方向性というより、月末週末の調整といった動きだった。3/10の高値115.51円から3/27の安値110.11円の下げに対し38.2%戻しで112.17円となり、先週末の高値が112.19円で、一旦戻り達成といったところか。日本にとっては、年度替りの月初めということもあり、目先の実需買いが予想されるが、上値は重そうである。

☆戦略

◎戻り売り

<112.60円(TP110.80-SL113.60)>

115.51-110.11の下げ幅に対し、50.0%(112.81)レベルが戻りの限界と予測。61.8%(113.44)を超えると戦略の見直しが必要。再度110円割れに挑戦と予測。

注)本日の予想は4月3日9:50に寄稿したものです。売買戦略は、あくまで参考であり、取引の推奨や利益を保証するものではありません。また、上記レートは弊社外貨exの提示したレートを参考にしたもので、実際の取引可能なレートと異なる場合があります。

370d0df13

筆者:遠藤寿保(えんどうとしやす) - YJFX! FXエバンジェリスト –

 98年日本初のFX事業開始から、Web広告やセミナー運営、リスク管理啓蒙などFX業務全般に携わる。数多くの一般投資家と接しながら、現在、YJFX!にてFXエバンジェリストとして情報配信・FXコラム執筆・セミナー活動等を行っている。

“); var head = document.getElementsByTagName(‘head’)[0]; var script = document.createElement(“script”); script.type = “text/javascript”; script.src = ‘https://news.minkabu.jp/javascripts/blogparts.js’; head.appendChild(script);

“+ “” $(“.chart_container”).append(chart_li); var chart = document.getElementById(“svg_chart” + i); var myChart = new MST.SvgChart(chart); getTargetPrice(chart,code_list[i],myChart); }
} function getTargetPrice(chart,code,myChart){ var ric ; $.getJSON(‘/stocks/get_mkdd_data?ric=’+ code + ‘&t=’ + (new Date).getTime(), function (json) { var info_net_change = “–“; var info_percent_change = “–“; var _change_class = “”; var last_traded_at = “”; var short_name = “–“; var now_price = “–“; if(json.status == “no data” || json.status == “error” ){ short_name = json.short_name; }else if(json.status != “error”){ now_price = json.now_price; info_net_change = json.info_net_change; info_percent_change = json.info_percent_change; last_traded_at = json.last_traded_at; short_name = json.short_name; ric = json.code; _change_class = parseFloat(info_net_change) ” +”” + “

” +”“+now_price+”“+”前日比“+info_net_change+”円” +” – “+last_traded_at+”“+”

” myChart.setLanguage(‘jp’); myChart.setParams(ric,code , ‘TYO’, { technicalList : [[‘line’]], controller : {timeFrame : ‘6M’}, viewConfig : {main : { layout: {height: 120}}} }); $(chart).after(html); })
}





コメントを残す