デルタ航空、長距離ビジネスに「デルタ・プレミアムセレクト」を導入 – FlyTeam

Home » 03消費 » デルタ航空、長距離ビジネスに「デルタ・プレミアムセレクト」を導入 – FlyTeam
03消費, 旅行取扱高 コメントはまだありません



デルタ航空は2017年10月31日(火)から、成田/デトロイト線に投入するA350に「デルタ・プレミアムセレクト」キャビンを装着、新サービスを導入します。「デルタ・プレミアムセレクト」は、長距離国際線のビジネスクラス「デルタワン」とエコノミー「メインキャビン」の間の区分ですが、「デルタ・コンフォートプラス」と異なる仕様です。

「デルタ・プレミアムセレクト」の座席間隔は最大96.5センチメートルで、シート幅は最大48.3センチ、リクライニングは最大17.8センチのゆとりある設計が採用され、可動式のレッグレストとヘッドレストを完備しています。ウェスティンホテルが開発したブランケットと枕、ニューヨーク発のスキンケアブランド、マリン・アンド・ゴッツの製品が入ったTUMI製アメニティキットのほか、季節ごとに変わる料理が提供されます。各座席には、高解像度スクリーンが配置され、機内エンターテインメント「デルタ・スタジオ」が無料で楽しめます。

デルタ航空のA350は「デルタ・プレミアムセレクト」が48席装着されているほか、個室タイプのビジネスクラス「デルタ・ワン」スイートが32席、エコノミー「メインキャビン」が226席となり、A350だけでなく、777にも搭載予定です。なお、この「デルタ・プレミアムセレクト」導入記念でセールが実施されています。詳しくは、デルタ航空のウェブサイトを参照ください。





コメントを残す