2月のスーパーと百貨店の売上高、ともに前年比減 – TBS News

Home » 03消費 » 2月のスーパーと百貨店の売上高、ともに前年比減 – TBS News
03消費, 全国百貨店売上高 コメントはまだありません



23日

1時02分

1分17秒

2月のスーパーと百貨店の売上高、ともに前年比減

 2月の全国のスーパーと百貨店の売上高は、うるう年だった去年に比べて営業日数が少なかったことから、共に前の年に比べ、マイナスとなりました。また、初めて導入されたプレミアムフライデーの効果は限定的でした。

 日本チェーンストア協会が発表した全国のスーパーの売上高はおよそ9616億円で、去年の同じ月と比べて、既存店ベースで3.3%減少し、3か月連続のマイナスとなりました。うるう年だった去年より、営業日数が1日少なかったことで、およそ3%のマイナス影響があったとしています。

 また、日本百貨店協会が発表した2月の全国の百貨店の売上高も4336億円あまりで、1.7%減少しました。12か月連続のマイナスです。

 初めて導入されたプレミアムフライデーについては、効果がほとんどなかったとしたスーパーに対して、百貨店は東京、大阪などの大都市圏の一部では効果が見られたといいます。

 「大きいところだと、単日の売上げで2桁以上伸びたというところもあるし、大都市圏だとプラス効果が出ているようです」(日本百貨店協会 近内哲也 専務理事)

 日本百貨店協会は、今月以降も業界全体でプレミアムフライデーに積極的に取り組んでいきたいとしています。(22日16:32)





コメントを残す