Amazonが過去最大の1兆5000億円で高級スーパーマーケット「Whole Foods」を買収、オフライン小売市場へ本格参戦へ – GIGAZINE

Home » 03消費 » Amazonが過去最大の1兆5000億円で高級スーパーマーケット「Whole Foods」を買収、オフライン小売市場へ本格参戦へ – GIGAZINE
03消費, 小売業販売額 コメントはまだありません




ネット通販大手のAmazonが、アメリカの高級食品スーパー「Whole Foods」を137億ドル(約1兆5000億円)という巨額で買収することになりました。Amazonによるオフライン食品市場への進出報道を受けて、ウォルマートをはじめとする食品関連企業株はのきなみ急落しています。

Amazon to Acquire Whole Foods for $13.7 Billion – Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-06-16/amazon-to-acquire-whole-foods-in-13-7-billion-bet-on-groceries

SuperValu and Kroger stocks sink on news that Amazon is buying Whole Foods – The Washington Post
https://www.washingtonpost.com/news/get-there/wp/2017/06/16/grocery-stocks-tank-on-news-that-amazon-is-buying-whole-foods/

Amazon’s Whole Foods acquisition should terrify Walmart, Kroger – Business Insider
http://www.businessinsider.com/amazons-whole-foods-acquisition-should-terrify-walmart-kroger-2017-6

Amazonが買収したのは自然食品を中心に販売する高級スーパーマーケットのWhole Foods。アメリカ、カナダ、イギリスで460以上の店舗を構える大型チェーンです。買収額は137億ドル(約1兆5000億円)で、これはAmazonが2014年に買収したTwitchの9億7000万ドル(約1000億円)を上回るAmazon史上最大の買収案件となります。Bloombergによると、Amazonが保有する現金及び現金同等物の保有残高は2017年3月時点で215億ドル(約2兆3800億円)で、今回のWhole Foods買収はすべて現金でまかなわれるとのこと。なお、AmazonによるWhole Foodsの買収はアメリカの小売業の買収の中でも史上最高額になるとThe Washington Postは報じています。

AmazonがWhole Foodsを買収することで、オーガニック食品などの比較的高額な食品の低価格化が進む可能性があります。また、Amazonの物流網を活用することで、オーガニック食品をより早く・安く配達するサービスなど、Whole Foodsのサービスがより充実したものになりそうです。さらに、Whole Foodsはローコストブランドのディスカウントストア365を保有しているため、販売商品の価格帯が重なるウォルマートやターゲットなどのスーパーマーケットも、Amazonをバックに付けたWhole Foodsとの競合は避けられそうにありません。AmazonによるWhole Foods買収が報じられると、株式市場は即座に反応し、Amazon株が3.1%上昇したのに対して、ウォルマート、コストコ、ターゲットなどの食品スーパーマーケット株は軒並み下落しています。


近年、Amazonはアメリカで実店舗の書店をオープンするなど、オフライン市場参戦の動きを強めてきました。

Amazonがニューヨーク初のリアル書店をオープン、店内のフォトレポートはこんな感じ – GIGAZINE


食品スーパーという業態でも、レジでの決済不要という画期的なサービス「Amazon Go」をすでに発表して、参戦を表明していました。ちなみに、Amazon Goは技術的なトラブルのため当初よりもオープン時期が遅れています

レジで行列や支払いをせずそのまま店から出られる画期的な店舗「Amazon Go」が2017年オープン – GIGAZINE


また、フードスタンプ受給者など低所得者を取り込むべく、Prime会員料金を値引きする戦略も打ち出しています。

Amazonが低所得者層向けにPrime会員料金を45%割引へ – GIGAZINE


これらAmazonのオフライン市場への進出の動きに対して、食品スーパーによるIT技術を活用した新サービスの導入も次々に始まっています。ウォルマートはオンライン通販に乗り出すだけでなく一部の店舗でスマートフォンアプリを利用したセルフレジサービス「Scan and Go」をテスト中。Amazonが買収したWhole Foods傘下の365も、iPadを使ってワインを検索できるサービスを取り入れています。

Whole Foodsの買収により、ITの巨人・Amazonがオンライン市場だけでなくオフライン市場にも本格的に参戦することは確実になりましたが、対するウォルマートを初めとする既存のスーパーマーケットもIT技術でサービス品質の向上を目指しています。オンライン小売り大手とオフライン小売り大手の垣根を越えた熾烈な戦いが、いよいよ本格的に始まることになりそうです。

コメントを残す