サービス支出DI、娯楽費で前期比低下 内閣府調査 – 観光経済新聞

Home » 02景気 » サービス支出DI、娯楽費で前期比低下 内閣府調査 – 観光経済新聞
02景気, 日本政策金融公庫調査 コメントはまだありません



 内閣府の消費動向調査(6月分)によると、今年7~9月期のサービス支出DI(季節調整値)は、遊園地等娯楽費でマイナス12.4と、前期(今年4~6月期、マイナス9.6)から低下した。

 全国の2人以上の世帯に、「遊園地等娯楽費」「レストラン等外食費」「スポーツ活動費」などサービス関係6項目の支出予定を聞いた。DIは「今より増やす予定」と回答した世帯割合から「今より減らす予定」と回答した世帯割合を引いた値。

 同期は遊園地等娯楽費で「増やす予定」が7.9%、「減らす予定」が20.3%だった。

  • 2018年7月12日

日本政策金融公庫はこのほど、中小企業景況調査の6月分を公表した。同月の中小企業の売上DI(前月比で増加の企業割合から減少の企業割合を引いた値、季節調整値)は前月比0.6ポ…

続きを読む

  • 2018年7月8日

帝国データバンクはこのほど、事業継続計画(BCP)に対する企業の意識調査を行った。BCPを策定している企業は14.7%にとどまり、「現在策定中」や「策定を検討している」企…

続きを読む

  • 2018年7月4日

ステイウェイは、民泊を含めた宿泊施設検索・比較サービス「Stayway」を正式リリースしたと発表した。元Expedia日本代表の三島健氏がアドバイザーに就任した。 株式会…

続きを読む





コメントを残す