景気一致指数、10月1.4ポイント上昇 基調判断を上方修正 – 日本経済新聞

Home » 02景気 » 景気一致指数、10月1.4ポイント上昇 基調判断を上方修正 – 日本経済新聞
02景気, 景気動向指数 コメントはまだありません



 内閣府が7日発表した10月の景気動向指数(2010年=100、CI)によると、景気の現状を示す一致指数は前月より1.4ポイント上がり、113.9となった。2カ月連続の上昇となる。生産や求人の指数が改善。内閣府は一致指数の動きから見た基調判断を「改善を示している」とし、1年10カ月ぶりに上方修正した。

 CIは指数を構成する経済指標の動きを統合して算出し、月ごとの景気変動の大きさやテンポを示す。前月までの基調判断は「足踏みを示している」としていた。「改善」の表現を使うのは1年6カ月ぶりとなる。

 前月と比較可能な8つの指標のうち、6つの指標で前月を上回った。新車効果で自動車が好調だった耐久消費財の出荷や、スマートフォン向け電子部品が伸びた鉱工業生産が増加。有効求人倍率も改善した。気温が下がったことで秋冬物の衣料が伸び、小売業の商業販売額も改善要因となった。悪化したのは卸売業の商業販売額と、中小の製造業の出荷指数だった。

 数カ月先の景気を示す先行指数は前月より1.0ポイント上昇し、101.0となった。2カ月ぶりに前月を上回った。前月と比べられる9つの指標のうち、新規求人数など6つの指標で前月より改善した。





コメントを残す