16年の世界気温、最高更新=北極の海氷、最小に-米海洋大気局 – 時事通信

Home » 02景気 » 16年の世界気温、最高更新=北極の海氷、最小に-米海洋大気局 – 時事通信
02景気, 法人企業統計 コメントはまだありません



 【ワシントン時事】米海洋大気局(NOAA)は10日、2016年の世界の気温が観測史上最も高かったとする報告書を発表した。地球温暖化に歯止めがかからず、1800年代に統計を取り始めて以来の最高を3年連続で更新した。各地で気象の変調が顕著になり、台風や豪雨、干ばつによる被害が深刻化している。
 報告によると、昨年の世界の陸地と海洋の気温は、基準としている1981~2010年の30年平均値をセ氏0.45~0.56度上回った。北極は30年平均値より2度高く、これまでの最高をさらに0.8度超えた。
 氷が解け、北極の海氷面積は衛星観測が始まって以来37年間で最小となった。地球の海面の水位は1993年に比べ約8センチ上昇し、最も高くなった。
 温暖化の要因とされる二酸化炭素(CO2)の年間平均濃度は400ppmの節目を初めて突破。メタンや窒素酸化物の濃度も上昇基調が続き、最高を記録した。
 報告は、太平洋赤道域東部の海面温度が上昇するエルニーニョ現象が強まり、世界の気温を押し上げたと分析。昨年は東日本で猛暑となったほか、台湾や米国が巨大な台風やハリケーンに見舞われるなど、異常気象の事例を紹介した。(2017/08/11-16:21) 関連ニュース

【国際記事一覧へ】 【アクセスランキング】





コメントを残す