「景気拡大」バブルに並ぶも、近づく「踊り場」 – 日経ビジネスオンライン

Home » 02景気 » 「景気拡大」バブルに並ぶも、近づく「踊り場」 – 日経ビジネスオンライン
02景気, 日経景気インデックス コメントはまだありません

価格上昇続く「モス型メモリ集積回路」は転換点?

2017年8月1日(火)

景気拡大局面の期間が「バブル期」に並んだという実感には乏しいが…今後の景気の動向は?

景気拡張局面は2月で51カ月に達しバブル期と並ぶ

 内閣府が7月24日に発表した景気動向指数の5月改訂値で、一致CI(コンポジット・インデックス、2010年=100)は115.8に低下した。前月差は▲1.3ポイントで2カ月ぶりのマイナスだが、移動平均を見るとトレンドは引き続き上向きであり、内閣府の基調判断は景気が拡張局面にある可能性が高いことを示す「改善を示している」に据え置かれた。

 2月の景気動向指数でこれと同じ判断が下された時点で、第2次安倍晋三内閣が発足した2012年12月を出発点とする今般の景気拡張局面は51カ月に達し、「バブル景気」(1986年12月~1991年2月)と並ぶ戦後3番目の長さになった。このまま9月まで同じ基調判断が維持されるなら、戦後2番目の「いざなぎ景気」(1965年11月~1970年7月)を抜いて単独2位となる。ちなみに、戦後最長の景気拡張局面は73カ月(2002年2月~2008年2月)。むろん、今回は景気拡張が確かに長いものの、指数が上昇する角度はかなり緩やかで、景気の回復に力強さや多くの人々の実感は伴っていないのだが…。

鉱工業生産の数値などから考えて景気は4-6月期も上向き

 こうした景気のサイクル(拡張・後退)を左右する大きな要因が製造業の在庫循環である。そして、製造業を中心とする鉱工業の生産・出荷・在庫の状況を月次で細かく教えてくれるのが、経済産業省から発表されている鉱工業生産である。

 7月14日に発表された5月の鉱工業生産確報で、生産指数(2010年=100)は100.1になった(前月比▲3.6%)。4月は消費増税前の駆け込み需要対応がピークだった2014年1月(103.2)を上回り、2008年10月(107.4)以来の水準になっていたのだが、さすがにこの水準からは反落した。出荷は前月比▲2.9%(2カ月ぶり減)、在庫は同横ばい。在庫率指数(2010年=100)は112.5に低下した(前月比▲1.9%で3カ月ぶりの低下)。

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

コメントを残す