4人に1人が「個人情報の登録が必要なら、IoT家電は使わない」 – エキサイトニュース

Home » 02景気 » 4人に1人が「個人情報の登録が必要なら、IoT家電は使わない」 – エキサイトニュース
02景気, 日本政策金融公庫調査 コメントはまだありません



ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp」において、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用した『“IoT家電”に関する実態調査』を実施。このほど、その結果を発表した。調査は20歳~69歳の男女2204名を対象にしている。

■「IoT」の認知率は、半数以上
「IoT(Internet of Things)」という言葉について、「よく知っていて他の人にも説明ができる」と答えた人は9.6%、「知っているが、説明できるほどではない」人は20.7%、「聞いたことはあるが、よく知らない」人は22.4%でした。合計すると52.7%が「IoT」という言葉を認知していた。

■4割以上が「外出先から、スマートフォンでのエアコン操作は必要」
スマートフォンなどと連動させることで、インターネット経由でさまざまな機能が利用できるようになる「IoTエアコン」を知っている人のうち、外出先からスマートフォンなどでエアコンを操作できる機能について、「自分に必要」と回答した人は40.6%だった。一方、「それほど必要ではない」と答えた人は29.6%、「必要ない」は24.7%、「むしろ迷惑」は3.7%だった。

■7割が「洗濯機の消費電力をスマートフォンで確認できる機能」は不要
「IoT洗濯機」を認知している人のうち、スマートフォンなどから洗濯機の消費電力を確認できる機能について、「自分に必要」と答えた人は27.6%だった。





コメントを残す