19年のGDP成長率目標+6.6~6.8%、国会が計画案を可決 – VIETJOベトナムニュース

Home » 01GDP(国内総生産) » 19年のGDP成長率目標+6.6~6.8%、国会が計画案を可決 – VIETJOベトナムニュース
01GDP(国内総生産) コメントはまだありません



 第14期(2016~2021年)第6回国会は8日、2019年の経済社会発展計画案を91.96%の賛成多数で可決した。同計画では、2019年の国内総生産(GDP)成長率目標を+6.6~6.8%に設定している。

 他の主要な目標については、◇輸出額成長率:+7.0~8.0%、◇貿易赤字額:輸出額の3.0%未満、◇消費者物価指数(CPI)上昇率:+4.0%、◇国内投資総額対GDP比:33~34%となっている。

 目標達成に向けて、国会は政府に対し、金融政策および為替政策を柔軟に運用すると共に、公共サービス料金を調整する際に物価に悪影響を与えることのないよう適切なスケジュールを設定し、適切な技術的障害により輸入する商品や設備の品質を管理することで持続可能な貿易収支を目指すほか、ベトナムの競争力の向上に向けてビジネス投資環境をさらに改善するなどして対策に取り組むよう指導した。

 このほか、競争力の高い大規模な企業の形成・成長を支援するほか、海外直接投資(FDI)の誘致において環境保全型事業やハイテク事業を優先し、地場系企業も産業のサプライチェーンに参加できるような措置を講じていく必要がある。

 また、建設が進められている南北高速道路や東南部地方ドンナイ省で建設予定のロンタイン国際空港をはじめとする、経済の成長原動力になる重点事業の進捗を加速させるほか、観光分野でも重点市場に対する電子ビザの発給、ビザ免除を拡大するよう求めた。





コメントを残す