ロンドン外為9時半 ポンド、安値圏で小動き GDPに反応薄 – 日本経済新聞

Home » 01GDP(国内総生産) » ロンドン外為9時半 ポンド、安値圏で小動き GDPに反応薄 – 日本経済新聞
01GDP(国内総生産) コメントはまだありません



【NQNロンドン=椎名遥香】9日午前のロンドン外国為替市場で英ポンドの対ドル相場は安値圏で小幅な動きとなっている。英国時間9時30分時点は1ポンド=1.3010~20ドルと前日16時時点と比べ0.0110ドルのポンド安・ドル高だった。9時30分発表の7~9月期の国内総生産(GDP)速報値は物価の影響を除いた実質で前期比0.6%増だった。市場予想と一致し、今のところ外国為替市場で目立った反応は出ていない。

ユーロ相場も対ドルで安値圏で一進一退となっている。英国時間9時30分時点は1ユーロ=1.1330~40ドルと、前日16時時点と比べて0.0090ドルのユーロ安・ドル高だった。





コメントを残す