メタップスペイメント運営のSpocile(スポシル)、JPPC日本公共スポーツ … – ベンチャータイムス

Home » 01GDP(国内総生産) » メタップスペイメント運営のSpocile(スポシル)、JPPC日本公共スポーツ … – ベンチャータイムス
01GDP(国内総生産), 名目成長率 コメントはまだありません



4

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加0
  • feedy

決済サービスを提供する株式会社メタップスペイメント(本社:東京都港区、代表取締役社長:和田 洋一)は、自主事業受付・決済・分析システム「Spocile(スポシル)」がJPPC日本公共スポーツ施策推進協議会の推奨事業として承認されたことを発表した。

「日本再興戦略2016」が発表され、名目GDP600兆円に向けた『官民戦略プロジェクト10』の中核として、スポーツ庁を中心にスポーツの成長産業化が進められている。スポーツ産業の成長にこれまでにない大きな期待が寄せられる中、各自治体も市民の利便性の向上を目指した取り組みを検討、実施し始めている。しかし、スポーツ教室等自主事業における受付事務と決済事務、データ分析作業等は別々に行われ、業界でも統合するシステムがなく、多大な労務を要している現状がある。

「Spocile(スポシル)」は、自主事業受付・決済・分析システムである。決済業務を主業務とする同社と、分析業務を主業務とするグループ会社:株式会社メタップスのノウハウを結集したシステムとなる。

<3つの導入メリット>

市民の利便性向上(手続きの簡略化、決済の多様化、インセティブの付与)
事務の簡素化(受付/名簿/通知/決済/督促/分析の)
マーケティング分析、事業・参加者情報の見える化

JPPC日本公共スポーツ施策推進協議会担当者コメント:本システム「Spocile(スポシル)」は、公共スポーツ施策の推進と会員団体の発展に寄与する上で、今後、有用な役割を果たすことが可能であると判断し、推奨事業として認定いたしました。

メタップスペイメント担当者コメント:官民協働の理念のもと、当社が有する「自主事業受付・決済・分析システム」等により、市民のスポーツ実施率拡大に向けた基盤提供を行い、全国の公共スポーツ施策と日本のスポーツ産業の更なる発展に向けて寄与してまいります。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加0
  • feedy





コメントを残す