第2四半期のシンガポールGDP、前期比年率+0.6%に下方改定 | ロイター – ロイター

Home » 01GDP(国内総生産) » 第2四半期のシンガポールGDP、前期比年率+0.6%に下方改定 | ロイター – ロイター
01GDP(国内総生産) コメントはまだありません



[シンガポール 13日 ロイター] – シンガポール通産省が発表した第2・四半期の国内総生産(GDP)改定値は、季節調整済みで前期比年率0.6%増と、速報値(1.0%増)から下方改定され、市場予想も下回った。

 8月13日、シンガポール通産省が発表した第2・四半期の国内総生産(GDP)改定値は、季節調整済みで前期比年率0.6%増と、速報値(1.0%増)から下方改定され、市場予想も下回った。写真はシンガポールのビジネス街のビル群と観光客。5月に撮影(2018年 ロイター/Edgar Su)

ロイター調査のアナリスト予想中央値は1.3%増だった。

第2・四半期のGDPは前年比で3.9%増と、速報値の3.8%増から若干の上方改定となったが、予想中央値の4.1%を下回る伸びだった。

通産省は第1・四半期GDPも改定。成長率は前期比で1.5%から2.2%に、前年比で4.3%から4.5%にそれぞれ上方改定された。

同省は米中貿易摩擦の激化や世界の金融環境の引き締まりを背景に、「シンガポール経済の拡大ペースは2018年下半期に鈍る見通し」とした。ただ、通年の成長率予想は2.5─3.5%に据え置いた。





コメントを残す