個人消費が回復、年1.9%増 4~6月、2期ぶりプラス – 毎日新聞

Home » 01GDP(国内総生産) » 個人消費が回復、年1.9%増 4~6月、2期ぶりプラス – 毎日新聞
01GDP(国内総生産), 名目GDP コメントはまだありません



GDP成長率と内外需実質寄与度

 内閣府が10日発表した2018年4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0・5%増、この状況が1年間続いた場合の年率換算で1・9%増と、2四半期ぶりにプラスとなった。前期(1~3月)に天候不順などで低迷した個人消費が持ち直したのが要因。ただ、消費が景気を力強くけん引しているとは言い難いのが実情だ。世界的な貿易摩擦の激化などマイナス材料も多く、景気下押しへの懸念も出ている。【岡大介、藤渕志保】



この記事は有料記事です。

残り1402文字(全文1625文字)




コメントを残す